白紙の手紙

INFORMATION
New Album
2006年1月18日発売
『リボン』
[初回盤]
[初回盤]
価格:3,150円(税込)
SNCC-86913
(CD+DVD/2枚組)
この商品を購入する
[通常盤]
[通常盤]
価格:2,800円(税込)
SNCC-86914 
この商品を購入する
LINK
ゆずOFFICIAL SITE
ARTIST DATA
ツアーブログ 総動員DEいきまっしょい!!
excite MUSIC

からくりサーカス 39巻

ついにもう少しで40巻です。
しかもまだもうちょっと続きそう…(笑

っていうか鳴海の出番少な!!
せっかく、からくり編とサーカス編が話交わったんだから、もっと出してくれても…
勝は見飽きました……(こら

<前回までのお話>
世界中にゾナハ病を撒き散らし、エレオノールを攫って行ったフェイスレスを倒すため、現在彼らの拠点であるモン・サン・ミッシェルに単身乗り込むマサルと、後から彼を追うリーゼ平馬リョーコの3人。
自動人形(オートマータ)に捕らわれたマサルは、「最古の四人(レ・キャトル・ピオネール)」と呼ばれる自動人形の内の一人、コロンビーヌの助力を得て脱獄する。
一方攫われ、体の自由を奪われたエレオノールが見たものは、自動人形に囲まれ、絶体絶命の危機に陥っているリーゼたちだった。

なんか漫画に載ってたあらすじそのままな所もありますが、見逃してください(笑
それでは、39巻の感想?なんぞを。




さて、今回は微妙に豪華な椅子に縛り付けられた(いや、紐で縛りつけたりとかじゃないですよ)エレオノールが3人の戦う姿をライブ映像で見るところから始まります。
「私を自由にしろ!」
と訴えるエレオノールに
「おまえはキレイだぜ、エレオノール…。クールなツラが仲間のコトになると途端にホットになる。」
と答えるフェイスレス。
要求に対しての返事は無しですか?っていうか絶対変態ですよね?(前から分かっていたことですが
そして見られている方のリーゼたちは苦戦中。
このままでは全員やられてしまうので、自分に任せて先に行けとリーゼは2人に言います。
相変わらずええ子や…!!(感激
3人一緒に!とリョーコが説得しようとしますが、「行くぜ」と平馬は先に進みだします。
それにリョーコが思わず
「何よ、アンタ、リーゼ好きなんでしょー?心配じゃないの!?」
と強く言ってしまいますが、平馬は
「うるせえ、だからだよっ!!」
と即反論。
「リーゼは体を張ってオレ達を行かせたんだ!だから、オレ達ががんばってマサルやしろがねサン(エレオノール)を助けなきゃなんねーんだよ。」
うわ、男前な台詞…!平馬も成長しましたねー!!
…と、思うよりも先に私は「あ、(リーゼが好きって)認めた…」と思ってしまいました(ダメすぎる…

その言葉にリョーコは納得し、2人で歩き出しますが、すぐにフェイスレスの配下の機械人間O(オー)に見つかってしまいます。
今度は平馬が自分に任せて先に進めとリョーコに言いますが、リーゼや平馬と違って自動人形やOと戦う術のない彼女は、さっきよりもかなり抵抗し、中々行こうとしません。
この女、何しについてきたんだよ
そして攻撃されたリョーコを庇う平馬。頭から血を出しています。
あぁもう!お前がとっとと行かないから!!
「へ…へーま?」
「おら、早く行けって…。オレは姉ちゃん達があんなんなってよ、オンナがケガしたりすんのはイヤなんだよ。
だから……さ、逃げてくれよ……

お…男前……!!!こりゃリョーコじゃなくても惚れますよ!!

1人走り出すリョーコ。しかし心の中は
(へーまが、へーまが… へーまが死んじゃう!)
と、平馬でいっぱいです。恋する乙女っていいですねぇ(は
しかし追いかけてくるOから逃げることで必死。
やっと逃げ込んだ古びた食堂には先客がいました。
「最古の四人」の1人、アルレッキーノです。
本当にリュート弾いてるのが似合いますねー
「人形…」
呟き、絶望感をあらわにするリョーコ。
しかしそんなリョーコには全くリアクションをとらず、アルレッキーノは
「人間よ……
…捕らえられたら お前はどうなる?」

という質問をします。
けれどそこでOに追いつかれて返事ができなくなったリョーコをアルレッキーノは傍観。
こーろーさーれーるー!!
という時になってやっと動き出しました。…鬼か
一瞬にしてOを燃やすアルレッキーノ。
「人間を傷つけるなとの、フランシーヌ様(ここではエレオノールのこと)の仰せなのでな…」ならもっと早くたすけろよ…!!
…というか、追いかけてくるOの
「へへへ…」
「行くぜえ、子猫ちゃん。」

という台詞がすげぇ気になるのですが。
今日日、子猫ちゃんて…
さすが藤田さん、やってくれます(笑

場面は戻ってリーゼの戦いへ。
自動人形を全部倒すことのできたリーゼですが、今度は以前戦った自称(?)猛獣使いのドクトル・ラーオに奇襲され、負傷してしまいます。
さんざリーゼを痛めつけた後
「さァ、我が輩のクツにキスをし給え!」
と、16歳(確か)の少女にとんでもない要求をつきつけるラーオ。
……訴えるべきだとおもうのですが。
更に
「そして言うのだ、「ラーオ様、わたくしは、猛獣使いの技でアナタ様の足元にも及びません」とな。」
………何プレイ!!?;;;
ひぃ~!フェイスレスも大概変態ですが、コイツも相当キテます…!!
に、逃げて!逃げてリーゼーー!!
私の祈り(え?)が届いたのか、ラーオをかわして走り出すリーゼ。
しかし逃げ込んだ先にはラーオですら手におえない幻獣たちが。
恐怖のあまり死を覚悟するリーゼでしたが、かつて死にそうになった自分をはげましてくれたマサルの言葉を思い出して、その幻獣たちを手懐けることに成功。
何かもうリーゼ無敵だなぁー…

んで平馬がどうなってるかと言いますと、
まぁリョーコの予想通りボッコボコにされてるわけで。
もう死ぬ!!となった時に再び重役出勤ヒーローのアルレッキーノが登場。
またまた一瞬にしてOたちをメッタギリです。
強いですねー。さすがだ。
平馬を助けて、リョーコに感謝されるアルレッキーノ。
「人間から礼を言われるのも、笑顔を向けられるのも初めてだ。」
彼女の笑顔が自動人形だった彼をちょっとずつ変えていっているみたいです。
元は「最古の四人」として、人間やしろがねの1番の敵であったはずのアルレッキーノやコロンビーヌ、パンタローネが、フランシーヌが居なくなった今最も人形の中で人間に近い存在になってきているというのは皮肉なものですね

一方、コロンビーヌのおかげで脱獄できたマサルですが、Oに追い詰められ、崖のようなところに出てしまいます。
「マサルちゃん、あわてちゃダァメ。」
どこまでも軽いコロンビーヌ。まぁ今の体になる前からですが…
助かりたかったら、自分の手を握れとマサルに言います。
「何か……方法があるのか?コロンビーヌ」
ちょっと半信半疑のマサルでしたが、
「うんv」
素直にコロンビーヌの手を握ると、
…崖から落ちました。
まぁ助かりましたけどね。いやだなぁ、あんな高いところから落ちるの…。
コロンビーヌの機転で助かったマサルですが、辿り着いたのはモン・サン・ミッシェルの底の底。
そこには機械人間であるOたちの本体が眠っている部屋へと繋がっていました。
整然と並べられている、カプセルの中で眠る老人たち。
どうやらOたちはここに本体を保存して、何度でも機械人形として生きていたようです。
しかし追いかけてきたOたちが着いた時にはもう、コロンビーヌの手で、保存状態にあった本体は起き出していました。
途端パニックに陥るOたち。錯乱して自分の本体を殺し、自滅していきます。
ブチ切れてマサルに斬りかかり、叫ぶOのリーダー。
「なんで私が好きなコトをやっちゃいけないのよ!?
人間は平等なんでしょ!?じゃ、私にだって幸せになる権利はあるわ!」

かなり乱暴な論理ですねー。
そんなOにマサルは静かに答えます
「…ダメなんだよ…
他の人を踏んづけて、自分だけ幸せになっちゃダメなんだ。」

さすが苦労してきた子供は言うことが違いますよねー
こんなことをさらっと言える人間になってみたいです…

Oを倒して、エレオノールのところへ向かおうとするマサルですが、
そこにエレオノールと「最後の四人(レ・デルニエ・ピオネール)」を連れたフェイスレスが待ち構えていました。
フェイスレスは「最後の四人」の内の1人、ハーレクインにエレオノールを宇宙ステーションへと向かうロケットに先に乗せておけと言います。
当然追いかけようとするマサル。
しかしフェイスレスに加え、「最後の四人」3人の4人がかり攻撃に手も足もでません。
特に性格の悪いのが女の子の形をしたディアマンティーナ。
かなりいやらしい攻撃をしてきますが、さっきのOとの戦いで身動きがとれなかったコロンビーヌが復活。
「アタシが あのオテンバ相手してあげるから、マサルちゃんはエレオノール、助けてあげなさいよ。」
うわぁぁん、コロンビーヌが素敵だー!!(壊
鳴海と戦った時の彼女を知っているばかりに、この変わりようが恐ろしい…(笑
けれども、まだ後2人の「最後の四人」が攻撃を仕掛けてきます。
が、
ここでタイミング良く平馬とリョーコとリーゼ(&幻獣たち)が登場!
ブリゲッラとグラツィアーノそれぞれを受け持ちます。
「だからさァ マサルちゃん… 早くエレオノールを助けに行きなよ!!」
というコロンビーヌの言葉にも躊躇うマサルですが、
リョーコが自分は役に立たないのに…
「あんたがしろがねサンを連れてくれば、みんな一緒に帰れるんだよ!」
というと、決心がついたのかロケットがある場所へと向かいます。

しかし更に立ちふさがるフェイスレス。
彼の望みは変わらず、マサルに自分の意識をダウンロードして、エレオノールと結ばれることでした。
奮闘むなしく、敗れるマサル。
フェイスレスがダウンロードの機械に行くところで、グリポンが追いつきます。
「マ…マスターッ!!」
「残念だったなグリュポン」
「ジブンは「グリポン」でいいんだよ!!マスターを放せ~~~!!」
「ダメさ」

格子に邪魔されてどうにもできないグリポンを尻目に、ダウンロードを始めるフェイスレス。
グリポンはどうにかして阻止しようとするものの、何も出来ず、無情に時は過ぎていきます。
ダウンロードの予定である10分が経過。機械が静かになったところで、グリポンは恐る恐るマサルに声をかけました。
「マスター……?」

「なんだい、グリュポン?」



や…やっと終わった…(笑
すいません、無駄に長くて…(土下座
っていうかもうマジで鳴海の出番が増えますようにー!!
でも何かマサル対ナルミとかになりそうで嫌だなぁ…
それだけは勘弁してほしいです
ただでさえギイさんとの雰囲気もおかしくなってますからねー
とりあえず、フェイスレス倒して、ナルミが記憶取り戻して、ナルミとエレオノールとマサルで1~2巻あたりの平和な暮らしをしてくれればなぁ~、と思います。
でもねぇ…。作者藤田さんだからねぇ…。無理かもですね(笑
[PR]
by procyon_0s | 2005-10-20 06:00 | 感想
<< スキップ・ビート! 11巻 Final Fantasy Ⅶ... >>

主に日記。時々感想。芝居・本・F1etcと節操なし。お友達募集中。
by procyon_0s
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
正直分かりません。
from 本質を見極めろ!
『功名が辻』 第四回 〜..
from LUVLUV.COM
バトン
from 日記風味・お絵かき日和
『功名が辻』 第2回  ..
from LUVLUV.COM
無条件バトン
from 日記風味・お絵かき日和
『功名が辻』  第一回 ..
from LUVLUV.COM
功名が辻(第1回)「桶狭間」
from 40代の私にとっての最新情報..
「功名が辻」第1回目と「..
from <徳島早苗の間>
眼鏡バトン
from 日記風味・お絵かき日和
クロノス
from 瑞樹録
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧